土地活用をおこなうなら賃貸併用住宅!メリットとデメリットを解説!の画像

土地活用をおこなうなら賃貸併用住宅!メリットとデメリットを解説!

建築

土地活用をおこなうなら賃貸併用住宅!メリットとデメリットを解説!

土地活用の方法のひとつに賃貸併用住宅があり、家賃収入で建物の住宅ローンの負担を減らせるなどの良さがあります。
しかし、住宅ローンを家賃で相殺できたり、さらにプラスの収入になったりするとは限りません。
今回は、使っていない土地を所有している方に向けて、賃貸併用住宅とは何か、土地活用におけるメリットとデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用における賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、1軒の建物のなかに自宅スペースと賃貸物件として貸し出しているスペースがある住宅のことです。
1階部分に自分たちが住み、2階部分を賃貸物件として貸し出している場合などがこれにあたります。
マイホームの一部を貸し出すことにより家賃収入を得るという土地活用方法であり、それで住宅ローンの負担を軽減する、もしくはそれ以上の収入を得ることも可能です。
将来的には賃貸物件として貸し出していた部分にご両親に住んでもらって、二世帯住宅のように使うこともできます。

土地活用として賃貸併用住宅を建てるメリット

賃貸併用住宅のメリットは、毎月の家賃収入を住宅ローンの返済に充てられることです。
なお、建物の半分以上を自宅スペースとすれば、審査が厳しく金利が高い傾向にあるアパートローンではなく、一般的な住宅ローンを組めます。
さらに、相続税や固定資産税の節税効果があるのも、賃貸併用住宅のメリットです。
賃貸部分の相続税評価額が下がるうえに、土地活用をおこなわずに更地にしておくよりも、建物があることで固定資産税の軽減措置が受けられます。
家族構成の変化など、ライフプランの変更に対応できる点も将来的に助かるかもしれません。
賃貸部分だったところに両親や子ども夫婦に住んでもらうなど、変化していくライフプランにも柔軟に適応できます。

土地活用として賃貸併用住宅を建てるデメリット

賃貸併用住宅のデメリットとして、入居者とのトラブルが発生する恐れが挙げられます。
ご自宅部分と賃貸部分の距離が近い分、入居者とトラブルになる確率も上がります。
入居者を募っても集まらず空室になってしまうリスクは、賃貸経営全般におけるデメリットです。
賃貸物件の大家さんが近くにいることを入居者側がプラスに捉えることもあれば、マイナスに捉えてしまう場合もあります。
また、建物全体を賃貸物件として貸し出すより収益性が落ちること、特殊な構造ゆえに売却が難しいことが問題となる場合もあります。

まとめ

土地活用の方法のひとつである賃貸併用住宅は、ひとつの建物のなかにご自宅と賃貸用のスペースが含まれる住宅です。
家賃収入で住宅ローンの負担を軽減でき、節税効果やライフスタイルの変化への適応も期待できます。
しかし、入居者とのトラブルや空室問題、一般的な賃貸物件よりも収益性が落ちることにご注意ください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

オルテ地所開発株式会社への問い合わせはこちら


オルテ地所開発株式会社 スタッフブログ編集部

戸田市の不動産のことなら、オルテ地所開発株式会社にお任せ下さい。弊社では居住用賃貸をはじめ、倉庫・工場などの事業用物件や一括駐車場なども取り扱っております。様々な情報をお伝えするためブログでは不動産に関連した記事をご提供します。


”建築”おすすめ記事

  • 土地のデッドスペースとは?活用方法をご紹介の画像

    土地のデッドスペースとは?活用方法をご紹介

    建築

  • 建築条件付き土地とは?建売住宅との違いや購入時の注意点も解説!の画像

    建築条件付き土地とは?建売住宅との違いや購入時の注意点も解説!

    建築

  • 住み替えのつなぎ融資とは?必要なケースやメリットを解説!の画像

    住み替えのつなぎ融資とは?必要なケースやメリットを解説!

    建築

  • ロードサイドの土地活用とは?注意点も解説!の画像

    ロードサイドの土地活用とは?注意点も解説!

    建築

  • 賃貸物件も「ZEH」が当たり前の時代への画像

    賃貸物件も「ZEH」が当たり前の時代へ

    建築

もっと見る