マイホームのリビングを2階に設けるメリットとデメリットとは?の画像

マイホームのリビングを2階に設けるメリットとデメリットとは?

売買

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

マイホームのリビングを2階に設けるメリットとデメリットとは?

戸建て住宅を購入するうえで、家族団らんの場であるリビングの配置場所は、悩むところではないでしょうか。
2階以上ある戸建ての場合、一般的には1階に配置するケースが多くなりますが、周辺環境や日当たりを考えて2階リビングを選択することもあります。
今回は、2階にリビングを配置する場合のメリット・デメリットをご紹介しますので、マイホームを検討している方は参考にしてみてください!

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームの2階にリビングを配置する場合のメリットとは?

日当たりが良く明るいリビングになる

1日のなかで多くの時間を過ごすリビングは、明るい空間にしたいという方もいるかと思います。
2階にリビングを配置すると、1階に比べて日差しが届きやすくなるため、日当たりが良く明るい空間づくりができます。

天井が高く開放感のあるリビングになる

2階の場合、上部に部屋がないので、リビングの天井を高く取ることができます。
天井が高いことで、空間に広がりが生まれ開放的なリビングを作れます。

プライバシーが確保できる

1階のリビングが通行人の多い道路に面していたり、隣家から近かったりする場合、人目が気になり落ち着かないこともあります。
せっかく広いリビングでも、気軽にカーテンを開けられないと、閉鎖的な空間になってしまいます。
2階であれば、1階に比べて人目を気にせず過ごすことができます。

マイホームの2階にリビングを配置する場合のデメリットとは?

夏場は暑くなりやすい

2階は屋根に近くなるため、夏場はリビングの室温が高くなってしまいます。
屋根や壁に高性能の断熱材を使用するなど、暑くならないための工夫が必要です。

子どもとのコミュニケーションが減る可能性も

リビングを2階に設けると、2階で過ごす時間が増えるため、子どもの帰宅に気付きづらくなります。
子どもが家に帰ってもそのまま部屋に入ってしまうと、顔を見て話す機会も減ってしまいます。
子どもがいる家庭は、リビングや子ども部屋での過ごし方など、しっかり話し合う必要があります。

階段の昇降が頻繁になる

重い食材や荷物が届いたときなど、階段を使って2階まで運ばなければならないため、階段の昇降が負担に感じる場面もでてきます。
特に、年を重ねると負担も大きくなるため、将来のことを考えながら配置を検討しなければなりません。

まとめ

マイホームの2階にリビングを配置するメリットは、日当たりが良く明るい空間が作れることや、プライバシーを確保できることなどです。
一方で、夏場は暑くなったり、子どもとのコミュニケーションが減ったりするデメリットもあります。
メリット・デメリットを考慮しながら、自分の生活スタイルに合った間取りを考えてみてくださいね。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る