不動産購入に公務員は有利?住宅ローンの金利優遇や審査で困難になるケースの画像

不動産購入に公務員は有利?住宅ローンの金利優遇や審査で困難になるケース

売買

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

不動産購入に公務員は有利?住宅ローンの金利優遇や審査で困難になるケース

家族構成の変化や、老後の生活拠点を確保したいなどの理由で不動産の購入を検討するケースもあるでしょう。
公務員の場合、不動産の購入で住宅ローンの金利優遇を受けやすい傾向にあります。
しかし公務員であっても住宅ローン審査に通らない事例も少なからずあるのです。
今回は、公務員の不動産購入で優遇されやすい理由と住宅ローンの審査が困難になる事例を紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

公務員の不動産購入!住宅ローンの金利優遇を受けやすい理由

公務員が住宅ローンを借りる場合、基準金利よりもさらに安い優遇金利が適用されやすくなります。
金利優遇を受けやすい理由は、公務員という職業の特徴が関係しているのです。
公務員は景気の波を受けにくいため、収入が安定しています。
解雇のリスクも少なく、退職金も支給されるため、よほどのことがない限りは生活が不安定になることはありません。
住宅ローンの審査では、安定した返済能力があるかを重要視しています。
公務員は職業の安定性から信用度が高いと判断され、金利優遇を受けやすくなるのです。

公務員でも不動産購入の住宅ローン審査で困難になる事例がある

安定している公務員であっても、審査に必ず通るとは限りません。
審査に通らない原因は、信用情報に問題があったり、健康状況が思わしくなかったりなどです。
過去に債務整理、延滞、自己破産などの経験があると、金融業界でその情報が一定期間共有されるため、審査に不利となる可能性が高くなります。
いくら安定的な収入があるとはいえ、借金癖が判明したら返済能力が低いと判断されてしまうでしょう。
住宅ローンの返済は長期にわたるため、健康状況も審査対象となります。
住宅ローンの審査では、団体信用生命保険の加入が必須条件となっていることが多いのです。
契約者に万が一の事故や、病気が発覚したときにローンの残額を肩代わりしてくれる制度で、生命保険の一種といえるでしょう。
団体信用生命保険に加入できない健康状況の場合、住宅ローンの審査にも通らないため、健康面も重要な判断基準なのです。
安定した収入は、健康に働けているからこそ得られるものなので、健康管理にはくれぐれも気をつけましょう。

必見|単身向け賃貸特集

まとめ

公務員は職業の安定性から、不動産の購入で優遇されやすいといわれていますが、審査基準はほかの職業と変わりません。
公務員とはいえ信用度や健康状況に問題があれば、審査が困難となる事例もあります。
不動産の購入を検討している人は、現在の収入や貯蓄、借り入れ状況で計画的な返済が可能かを見極めながら慎重に進めていきましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る