ライフステージ変化による不動産売却のタイミングとは?の画像

ライフステージ変化による不動産売却のタイミングとは?

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

ライフステージ変化による不動産売却のタイミングとは?

不動産売却を検討する方の多くは、生活環境や家族構成の変化などが理由です。
今回は、出産や子どもが独立したタイミング、親が亡くなるなどの場合に不動産売却をする方法をご紹介します。
これから不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

ライフステージの変化「出産」による不動産売却方法

出産を控えている方やすでに子どもが生まれている場合に、住んでいる家では狭く、広い住宅を購入したい方がいます。
早期売却のポイントは、相場価格より安く売却金額を設定したり、先行売却を利用したりすることです。
出産を機に不動産売却し、新たな住宅を購入することで、将来の資金計画が立てやすいメリットがあります。
ただし、住宅ローン残債がある場合には、安易に安い売却金額にしてしまうと、手元に残債が残り、支払わなければならないため注意しましょう。

ライフステージの変化「子どもが独立」で老後に備え不動産売却

子育て世帯が購入する不動産物件の多くが3LDKや4LDKと比較的広いお家です。
子どもが独立した場合、広すぎて、使用しない部屋が出てくるため、不動産売却する方が多くいます。
老後の生活を考慮した家が手に入ったり、利便性の高い都心部に引っ越せたりするメリットがあります。
子どもが独立したあとで不動産売却するポイントは、築年数に応じて適切な修理をすることです。
ただし、築年数が経過している物件を好む買主もいるため、傷んだ部分のみなどにとどめると良いでしょう。
まずは、買主がつく価値があるか仲介会社の担当者と相談しましょう。

ライフステージの変化「親が亡くなる」タイミングで不動産売却

両親が亡くなるタイミングで、親名義の不動産売却をする方が多くいます。
相続した不動産物件の名義変更をおこない、不動産売却をおこなうのが一般的です。
名義変更には、相続人の住民票や印鑑証明書、相続同意書、相続する物件の登記簿謄本、親が亡くなったと証明できる除籍謄本や住民票が必要で、法務局にて手続きをします。
名義変更後は、通常の不動産売却の流れでおこなうことが可能です。
親が亡くなったタイミングで手放す際の注意点は、売ったあとには確定申告が必要であり、譲渡所得税がかかります。
売却金額が3,000万円未満の場合は特別控除が使えるため、調べておきましょう。

まとめ

不動産売却のタイミングは、それぞれのライフステージ変化により変わってきます。
変化に応じて、柔軟に対応することで、快適な暮らしが手に入ります。
検討をしている方も迷った場合は不動産売買のプロに相談してみましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る