水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介の画像

水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介

リフォーム

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介

住宅設備のなかでもリフォームをおこなうことが多い場所といえば、キッチンや浴室などの水回りです。
水回りは毎日使用する頻度が高く、快適な生活を送るうえで欠かせません。
そのため、劣化してくると水回りをリフォームで一新する方も増えています。
そこで今回は、水回りのリフォームをおこなうタイミングや費用の相場、注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

水回りのリフォームをおこなうベストな時期やタイミングはいつ?

使用頻度や使い方によっても劣化スピードは異なりますが、一般的には水回りは10年を過ぎると不具合が出やすいといわれています。
明らかに不具合が出ている場合は、リフォームをおこなうきっかけになりますが、一見するととくに汚れや傷などもなく、特別不具合がないケースもあるでしょう。
しかし、実は下地や土台が劣化しているケースもあるため、一概に見た目では判断できません。
一方、20年を経過している場合は、たとえ見た目に変化がなくても土台が腐食している可能性が高いため、思い切ってリフォームをおこなうことをおすすめします。

水回りのリフォームをおこなう場合の費用の相場はどのくらい?

水回りのリフォームにかかる費用は、設備のグレードによって大きく異なります。
まず、水回りのなかでもリフォーム内容によって費用に差が出やすいのがキッチン周りです。
どのグレードを選ぶかによって費用は変わるため、予算と相談して決めましょう。
相場は、リフォーム範囲やグレードによって50万円~150万円と幅広くなっています。
浴室は、手すりの取り付けで50万円以下、丸ごとリフォームするとなると100万円近くかかるでしょう。
トイレは機能によって20万円程度で取り付けられるものから、30万円以上かかるものまで選択肢があります。
洗面台は20万円程度でリフォーム可能ですが、ハイグレードなものになると100万円程度かかるでしょう。

実際の使い勝手など水回りのリフォームをおこなう際の注意点

リフォームをおこなう際は、ついカタログで簡単に決めてしまいそうになりますが、実際の使い勝手などをしっかりと確認してからリフォームしましょう。
また、デザインばかりに気を取られないようにバランスを考えることも大切です。
リフォームが大規模になればなるほど工期もかかるため、スケジュールも確認しておくと安心です。

まとめ

水回りのリフォームは、10年~20年経過した時期におこなうことが多いでしょう。
費用は設備グレードによって異なるため、予算や工期と相談しながら決めてください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”リフォーム”おすすめ記事

  • アスベストが賃貸経営に与える影響の画像

    アスベストが賃貸経営に与える影響

    リフォーム

  • 中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説の画像

    中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説

    リフォーム

  • 和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説の画像

    和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説

    リフォーム

  • 中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説の画像

    中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説

    リフォーム

  • 一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンスの画像

    一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンス

    リフォーム

  • 中古住宅をオール電化にリフォーム!必要な設備やかかる電気代をご紹介の画像

    中古住宅をオール電化にリフォーム!必要な設備やかかる電気代をご紹介

    リフォーム

もっと見る