不動産購入において共有名義にすることのメリット・デメリットとは?の画像

不動産購入において共有名義にすることのメリット・デメリットとは?

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

不動産購入において共有名義にすることのメリット・デメリットとは?

結婚や出産を機にマイホームを購入する方も多いのではないでしょうか。
夫婦で家を購入する際には登記をする必要がありますが、家の名義はどちらで登記するのが良いのでしょうか?
ここでは、不動産を購入するときの登記のひとつである共有名義について解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入の際の登記における共有名義とは?

不動産を購入して登記するときに、誰の名義で登記するのか決める必要があります。
名義の登記の方法には、単独名義と共有名義の2つがあり、単独名義とは購入した方1人の名義で登記することを言います。
これに対して共有名義とは、夫婦であれば夫婦2人で家の購入費用を出資し、出資した割合に合った持ち分でそれぞれの名義で登記する方法です。
たとえば、4,000万円の一戸建てを購入し、夫婦それぞれが2,000万円出資した場合は2分の1の所有持分となります。
住宅ローンの借入額を増やしたい場合や夫婦ともに安定した収入がある場合は、検討してみると良いでしょう。

不動産購入時に共有名義にするメリットについて

不動産を購入するときに共有の名義にすることには、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

2人分の住宅ローン控除が受けられる

夫婦で出資して家を購入し、共有の名義で登記をした場合、住宅ローン控除を夫婦それぞれが受けることができます。

節税対策になる

将来的にどちらか一方が死亡して相続が発生した場合、共有の名義にしておけば亡くなった方の持ち分だけを相続するということになります。
そのため、単独名義で登記していた場合よりも相続税を節約することが可能です。

不動産購入をする際に共有名義にするデメリットについて

不動産を購入して共有名義にすることには、次のようなデメリットがあることも把握しておきましょう。

名義人の一方が他界すると相続対象になってしまう

不動産の名義人のどちらか一方が他界した場合、亡くなった方の持ち分が相続対象になります。
このときに相続人が複数人いた場合、2人の名義だった不動産でも所有者が増えてしまう可能性があり、複雑になります。

贈与税対象になる場合がある

名義人のどちらか一方が仕事を辞めるなどして収入がなくなると、もう一方がローンの返済を続けていくことが必要です。
この場合、支払いを続けていく方への贈与があったとみなされて贈与税対象となる場合があるため注意しましょう。

費用

夫婦2人がそれぞれ住宅ローンを組む必要があるため、事務手数料や登記手数料をはじめとした諸費用が2人分となり、単独名義よりも高くなります。

まとめ

夫婦などで不動産購入する際の登記において共有名義にすることには、住宅ローン控除や相続税などの点でメリットがあります。
一方で、いくつかのデメリットがあるということも把握しておき、将来的にどちらが自分たちに合っているのかよく考えて決めるようにしましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る