投資を考えている方必見!オーナーチェンジ物件の概要や特徴をご紹介の画像

投資を考えている方必見!オーナーチェンジ物件の概要や特徴をご紹介

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

投資を考えている方必見!オーナーチェンジ物件の概要や特徴をご紹介

不動産への投資を考えている方からは、オーナーチェンジ物件がしばしば注目されています。
特有のメリットがいくつかあるため、投資先の候補として知っておきたい方もいらっしゃるでしょう。
今回はオーナーチェンジ物件の概要のほか、メリットとデメリットもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

オーナーチェンジ物件とは?投資前に押さえたい概要

オーナーチェンジ物件とは、入居者がいる状態で売り出されている物件のことです。
入居者がいる状態でも実は物件の売却は可能であり、建物の持ち主だけが入れ替わることも実際に少なくありません。
物件の種類はさまざまであり、一戸建てもあればマンションなどの集合住宅もあります。
現在も家賃収入のある物件が売られる理由はさまざまです。
たとえば賃貸物件の経営がオーナーの負担になっており、手間を減らすために運営している物件が売り出されることがあります。
またオーナーの資金繰りが悪化しており、費用を工面するためにやむなく手持ちの物件を売り出していることもあります。

オーナーチェンジ物件に投資するメリット

オーナーチェンジ物件には売り出されている時点でも入居者がおり、購入後にはすぐに家賃収入が得られます。
家賃収入は何らかの物件さえあればすぐに得られるものではなく、本来はさまざまな手間や費用をかけて入居者を集めたのちに発生するものです。
時間や資金を投じたからといって空室が埋まる保証はなく、投資が失敗に終わることもありえます。
しかしオーナーチェンジ物件では経営がある程度軌道に乗っているため、本来発生する負担やリスクがあまりなく、すぐに家賃収入が得られます。
すでに運用がおこなわれていることから利回りの計算もしやすく、割に合う投資かどうかも比較的判断しやすい点もメリットでしょう。

オーナーチェンジ物件に投資するデメリット

物件購入の時点ですでにいた入居者の居住条件は、基本的に変更できません。
貸主側にやや不利な賃貸借契約が結ばれていたとしても、取り決めどおりに対応する必要があり、新たな持ち主に負担がかかる場合もあります。
物件購入の時点で入居者がいると建物や部屋のなかも自由に確認できず、瑕疵の有無や経年劣化の状態なども事前に把握できません。
入居者が退去した時点で室内を確認したところ、想定以上に住まいが傷んでおり、多額の修繕費用が発生することもあります。
このほか具体的にどのような入居者がいるのかも、物件購入前に確かめるのは困難です。
マナーのあまり良くない入居者がいると、ほかの入居者や建物の近隣住人からたびたび苦情が寄せられ、対応に苦労することもあります。

まとめ

オーナーチェンジ物件は入居者が現在もいるなかで売り出されている物件であり、購入するとすぐに家賃収入が得られます。
一方で購入の時点で、すでにいた入居者の居住条件は新オーナーでも基本的に変更できないといった一面もあります。
それぞれの特徴を押さえたうえで、良い物件があれば投資してみてください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る