不動産購入にペアローンはおすすめ?利用するメリット・デメリットをご紹介の画像

不動産購入にペアローンはおすすめ?利用するメリット・デメリットをご紹介

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

不動産購入にペアローンはおすすめ?利用するメリット・デメリットをご紹介

近年は共働き世帯が増え、夫婦それぞれが安定した収入を得ているご家庭が多くなりました。
マイホームを買うときの住宅ローンの組み方の1つに「ペアローン」があります。
今回は夫婦それぞれが利用できるペアローンについて、利用する前に知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入するときにペアローンを組むメリットとは?

ペアローンは、同居している親族が1つの物件に対しそれぞれで契約できる住宅ローンのことです。
夫婦で利用することが多いので、「ペア」という言葉が使われています。
ペアローンを利用するとそれぞれの収入額に応じてローンが組めるので、総合的にみると借り入れ額が増えるのがメリットです。
1人の名義で住宅ローンを借り入れると購入額に足りない場合でも、2人それぞれの名義で借り入れると希望の物件に手が届きます。
借り入れ時の金利や毎月の返済額はそれぞれで設定し、各々で返済するのがペアローンの特徴です。
固定金利か変動金利かで迷った場合は、どちらか一方を固定金利にして、もう一方を変動金利で借りることもできます。
万が一物件を手放すことになった場合は、3,000万円の特別控除をそれぞれで受けられるのもメリットでしょう。
ペアローンではお互いが連帯保証人になり、団体信用生命保険(団信)にはそれぞれが加入できます。

不動産を購入するときにペアローンを組むデメリットとは?

ペアローンは夫婦それぞれが住宅ローンを契約するので、1つの物件に対して2つの住宅ローンが存在するのが特徴です。
同じ物件にも関わらず、住宅ローン契約時の事務手数料などの費用が2倍かかることは知っておいたほうが良いでしょう。
ペアローンを利用する場合は、返済リスクについても考えておくことが大切です。
ペアローンでは互いが連帯保証人になるので、一方が住宅ローンの返済ができなくなったとき、もう一方が残債の返済義務を負わなければなりません。
失業や転職、想定外の収入減少などで、どちらか一方の収入がなくなったり減ったりする可能性があることは考慮に入れておく必要があるでしょう。
団体信用生命保険(団信)の加入についても、注意点があります。
1人の名義で団信に加入すると契約者が亡くなった場合は保険金で残債が完済できますが、ペアローンで保障されるのは該当するローンについてのみです。
万が一の際に団信の効果が半減する点は、十分に理解しておきたい点です。

まとめ

今回は、住宅ローンの利用方法の1つである「ペアローン」のメリット・デメリットをご紹介しました。
共働きが当たり前になってきている状況では、ペアローンはとても効率的な融資の受け方といえます。
ただし利用するかどうかは、リスクを踏まえて長期的な視点でライフプランを立ててから決めるのがおすすめです。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る