スマートハウスとはどんな家?購入費用やメリットについてもご紹介の画像

スマートハウスとはどんな家?購入費用やメリットについてもご紹介

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

スマートハウスとはどんな家?購入費用やメリットについてもご紹介

スマートハウスとはどんな家か、ご存じでしょうか。
ここでは、スマートハウスがどのような機能を持った家で、どれくらいの費用が必要で、どんなメリットがあるのかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

スマートハウスとはどのような家なのかご紹介

スマートハウスとは、ITを用いて太陽光発電システムや家庭用燃料電池などのエネルギー機器と、家電などの住宅機器をコントロールし、エネルギー消費を最適化する住宅です。
スマートハウスの目的は省エネとCO2の排出削減で、太陽光発電システムや家庭用燃料電池、電気自動車との相性が良いといえるでしょう。
スマートハウスに欠かせないのがHEMS(Home Energy Management System)で、スマートハウスの頭脳となるIT機器です。
つまり太陽光発電で作った電気を家庭用燃料電池に蓄電し、家庭内で使うのがスマートハウスで、それらをコントロールしているのがHEMSです。
政府は2030年までに、すべての住宅にHEMS設置を目指しています。

スマートハウスを購入するのに必要な費用とは?

スマートハウスは設備を整える費用が必要なため、初期費用が高額になります。
設備を整える費用とは、太陽光発電システムや家庭用燃料電池、HEMSの導入のほかに断熱性の高い建物の建設費用などです。
特にソーラーパネルが高額で100万円を超える場合もあるうえに、定期的なメンテナンスや寿命による取替が必要になります。
スマートハウスに必要な費用はオール電化住宅とさほど変わらず、坪単価にして2~3万円スマートハウスのほうが高くなるくらいです。
ローコスト住宅だと坪単価50万円くらいで建てられる計算になります。
現在住んでいる住宅をスマートハウスにする場合は、設備や家電の購入費として、350万円~450万円くらい必要だといわれています。

スマートハウスにはどのようなメリットがあるのか?

スマートハウスの最大のメリットは、光熱費を大幅に節約できることです。
また、外出先からエアコンの操作をして帰宅時には快適な室内温度になっていたり、帰宅してすぐ入浴できるようにお風呂のお湯を溜められる機能があったりと快適な生活が送れます。
自家発電と蓄電の機能を持つため、災害時に停電になっても電気を使用できるので安心です。
また、自家発電で作った電気を電気自動車に充電できるため、燃料費は無料となり、災害時などには電気自動車の電力を住居に使用することもできます。
モニターで家の中を観察できるため、防犯や介護の面でも注目されています。

まとめ

スマートハウスとは、ITを用いてエネルギー機器と住宅機器をコントロールすることで、エネルギー消費を最適化し、省エネとCO2の排出削減を目的とする住宅です。
スマートハウスを購入する際は初期費用が高額にはなるものの、オール電化住宅より坪単価で2~3万円高くなるくらいで、ローコスト住宅であれば坪単価50万円くらいで建築できます。
スマートハウスのメリットとして、光熱費の節約、快適な生活が送れる機能、災害時の電力確保などさまざまなものがありますので、居住を検討してみてはいかがでしょうか。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る