不動産の売却が長引くときに考えられることとは?対処法のご説明の画像

不動産の売却が長引くときに考えられることとは?対処法のご説明

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

不動産の売却が長引くときに考えられることとは?対処法のご説明

不動産を売却したくても、なかなか買い手がつかないこともあります。
長引く原因はいろいろ考えられるため、原因を見つけて適切な対処法で進めていきましょう。
ここでは、不動産売却が長引く際の対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却が長引く場合に考えられる原因とは?

なかなか不動産の売却が進まない場合、一度立ち止まってその理由を探して対処することも必要です。
一般的に、不動産は売却まで半年から1年程度かかることが多いのですが、これよりも長引く場合は原因を探ったほうが良いと言えるでしょう。

一般的な流れの目安

多くの場合、査定からはじまり、媒介契約、売却活動、売買契約と進んでいきます。
売却活動から契約まで3~6か月かかるのですが、全体的に見ると、戸建て物件のほうが長くかかる傾向があるようです。
また、売買契約をおこなったら、物件の引き渡しまで1か月くらいかかります。

価格が適切ではない

不動産売却が長引く場合、価格設定が適切でないことも少なくありません。
高すぎれば、当然売るのが難しくなります。

売るタイミングが良くない

全体的に、不動産は春と秋に売れやすい傾向があるのですが、夏と冬は売るのが難しいこともあります。
これは、移動する方が多くなるため、それに合わせて購入したい方も増えるからです。

魅力が感じられない

立地条件が悪かったり、建物が悪い状態だったりすると、どうしても印象が悪くなり購入されにくくなります。

不動産の売却が長引く場合の対処法について

価格設定が良くないことも多いため、一度相場を確認してみることをおすすめします。
それによって、再び価格設定することによって売れることもあります。
ただし、安易な価格設定をおこない、価格を下げていく方法は避けましょう。
なぜなら、購入者が価格が下がるのを待つため、安く売ることになったり、さらに長引くことになったりするからです。
また、建物の印象をよくするために、ハウスクリーングをおこない、清潔感をアピールすのもコツです。
住みながら売る方は、整理整頓やニオイ対策などに力を入れてみると良いでしょう。
立地条件を変えることは難しいですが、建物の魅力を上げることは可能です。

まとめ

不動産の売却が長引くときは、原因を探って、適切な対処をおこなうことが必要です。
価格が高いことが原因のことも多いので、相場を確認して価格の見直しをするのも大切です。
ただし、安易に価格を下げていく方法はおすすめできません。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る