知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約の画像

知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約

保険

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。


火災保険の個人賠償責任特約とは?

火災保険には家財保険と借家人賠償責任保険の2つに加えて、日常のトラブルに対応する個人賠償責任保険があります。借家人賠償責任保険と個人賠償責任保険、両方とも同じ賠償責任保険ですが用途に違いがあります。

偶然の事故により、借用住宅に損害を与えたことによる貸主に対しての法律上の損害賠償に備える保険が、借家人賠償責任保険になります。

火災で隣家に損害を与えてしまうときに備える保険は、個人賠償責任保険になります。
この保険は、日常生活で起きた様々な問題を補償してくれるものです。
ケガをさせてしまった相手への治療費や慰謝料、破損物の修理費や物を壊してしまったときに発生する損害賠償などが対象です。

自動車保険や損害保険の特約として加入することが多いため、すでに加入している保険があればチェックして、補償が重複しないように気を付けましょう。

 

個人賠償責任特約はこんな場合に役に立つ!

子どもが公園に向かっていたところ、自転車で人と接触しケガをさせてしまった。

子どもがキャッチボールをしていて他人の家の窓ガラスを割り居住者に怪我を負わせてしまった。

家族で買い物をしていたところ、店内で子供が走り回って棚にぶつかり、商品を落として破損させてしまった。

マンションで、浴槽から水が溢れたことに気付かず階下の内装に被害を与えてしまった。

この他にも、様々なケースで賠償責任を負う可能性があります。

過去には賃貸マンションに居住していた人が、ほかの居住者が飼っていた犬にかみつかれて負傷し、それが原因でそのマンションに住み続けられずに退去したのにもかかわらず、所有者から次の入居者が決まるまでの賃料を請求されたケースもあります。

個人賠償特約に入っておけば、こういったケースでも補償を受けられる可能性があるのでご相談下さい。

 

自転車保険の加入義務にも対応できる

近年、自転車事故による高額賠償の判例がいくつか出てきており、時々そのことがニュースにもなります。自治体によっては高額な賠償責任を負うことに備えて自転車保険の加入を義務付けているところもあります。個人賠償責任特約では自転車事故による損害賠償にも備えることができるので、別途自転車保険に入らなくても自治体の自転車保険加入義務に対応可能です。自転車保険は自分がケガをした場合の保障がついていることも多く、その分保険料も上がります。自転車保険の加入義務は相手への賠償に備えられればよいので、自分の医療保障や死亡保障は不要という場合には個人賠償責任特約の方が安くなります。

 

まとめ

今回は火災保険で知っておきたいポイントについてご紹介しました。
火災保険は、ご自身の家財を守るだけでなく、大家さんや隣人への補償としても重要です。
皆さんもこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!

”保険”おすすめ記事

  • 事業用賃貸物件の火災保険!契約前に確認したい3つの補償の画像

    事業用賃貸物件の火災保険!契約前に確認したい3つの補償

    保険

  • 自動車保険と自動車共済の違いは?の画像

    自動車保険と自動車共済の違いは?

    保険

  • 地震保険は入った方が良いの?の画像

    地震保険は入った方が良いの?

    保険

  • 医療保険も進歩する!そろそろ見直し時期にきてませんか?の画像

    医療保険も進歩する!そろそろ見直し時期にきてませんか?

    保険

  • 相続対策に有効な生命保険のご紹介の画像

    相続対策に有効な生命保険のご紹介

    保険

  • 知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約の画像

    知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約

    保険

もっと見る