親子リレーローンとは?不動産購入で利用するメリット・デメリットも解説の画像

親子リレーローンとは?不動産購入で利用するメリット・デメリットも解説

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

親子リレーローンの概要とは?不動産購入で利用するメリット・デメリットをチェック!

不動産を購入する際に利用できる住宅ローンにはさまざまな種類がありますが、そのひとつである「親子リレーローン」について聞いたことがある方は少なくないでしょう。
高齢であったり年収が少なかったりと、自分1人の審査では希望通りの融資を受けられない場合に役立つのが「親子リレーローン」です。
ここでは、「親子リレーローン」の内容や利用の流れ、そして利用するメリット・デメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入する際に可能な住宅ローン「親子リレーローン」とは

金融機関によっては「親子リレー返済」と呼ばれることもある「親子リレーローン」。
特徴は1人でローンを支払うのではなく、親子2世代に渡って2人でローンを支払っていくことです。
高齢で自分1人では住宅ローンの借り入れが難しい場合でも、定年を迎えるまでは親がローンを返済し、定年後は子どもが返済を引き継ぐことができるため、1人では住宅ローンの返済が難しい場合に役立ちます。
同じく2人でローンを返済していくペアローンとの違いは、ペアローンはそれぞれが別々のローンを契約するのに対し、親子リレーローンは1つのローンを2人で返済していくという点です。
親子リレーローンの利用の流れは通常の住宅ローンと同じで、まずは親子リレーローンの取り扱い金融機関を探して申込を終えたら、審査、住宅ローン契約、融資実行という流れで進みます。
まずは、親子リレーローンを扱っている金融機関を探してみましょう。

親子リレーローン利用で不動産を購入するメリット・デメリットとは

親子リレーローンのメリットは、自分1人では住宅ローンの借り入れが難しい場合でも、親子2人で力を合わせることで借り入れが可能になることです。
たとえば、親が高齢で十分な返済期間を確保できない場合や子ども1人の年収では希望の借入額が難しい場合などには、親子リレーローンを利用することで問題が解決できます。
ただしデメリットもあり、親子リレーローンを契約すると親が返済をしている間であっても子どもは親の連帯保証人となるため、他のローンの審査が通りにくくなってしまいます。
また、団体信用生命保険へ加入できるのは子どもだけのケースが多いため、親が返済できなくなっても子どもが親の返済分も引き継がなければなりません。

まとめ

親子2世代でローンを返済する親子リレーローンは、1人では審査に通りにくいケースでも利用しやすいメリットがあります。
ただし子どもにとってはデメリットが生じるケースも考えられるため、慎重に検討することが大切です。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る