ブラックリスト入りは任意売却自体が理由ではない?注意点も解説の画像

ブラックリスト入りは任意売却自体が理由ではない?注意点も解説

売買

ブラックリスト入りは任意売却自体が理由ではない?注意点も解説

所有している不動産を任意売却しようと考えたとき、脳裏をよぎるのがブラックリスト入りに対する不安ではないでしょうか。
仮に不動産を売却できてもブラックリスト入りするのであれば、任意売却は避けたいところです。
そこで今回は、任意売却を理由にブラックリスト入りすることはあるのか、ブラックリスト入りした場合の注意点とあわせてご紹介します。

オルテ地所開発株式会社へのお問い合わせはこちら


ブラックリスト入りは任意売却が理由?

結論から述べますと、任意売却だけが原因でブラックリスト入りすることはありません。
ブラックリスト入りとは、個人の信用情報が損なわれた状態を指します。
個々の信用情報は国指定の信用情報機関によって管理されており、クレジットカードや住宅ローンなどの利用履歴がまとめられています。
クレジットカードや携帯料金の支払いが遅れると、延滞の事実が金融事故情報として登録され、ブラックリスト入りします。
任意売却の場合、金融事故情報として扱われるのは任意売却そのものではなく、任意売却に至るまでの住宅ローンの継続的な滞納です。
任意売却だけが原因でブラックリスト入りするというのは誤りであり、正確な認識としては住宅ローン滞納が理由でブラックリスト入りする可能性があると考えられます。
ちなみに、住宅ローンの滞納期間が連続3か月に達すると、信用情報に影響があるとされていますので、覚えておくことが重要です。

▼この記事も読まれています
中古住宅(戸建て・マンション等)を高く売却するには?

任意売却後にブラックリスト入りした場合の注意点とは?

任意売却後にブラックリスト入りする注意すべき点として、クレジットカードの利用停止措置がとられる可能性が高いことが挙げられます。
新しいクレジットカードを作りたいと思っても、審査に通りにくくなる可能性が高まります。
連帯保証人にも同じくブラックリスト入りの危険性が伴い、本人が支払い義務を果たさない場合、同様にブラックリスト入りします。
不動産の任意売却を検討する際は、事前に連帯保証人に了承を得るようにしましょう。
なお、住宅ローン滞納に基づく金融事故情報は、ローン完済または契約終了から最長5年で消滅します。
ただし、任意売却を経て再びローン返済を始めた期間は含まれないため、これに留意する必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

まとめ

ブラックリスト入りの理由は任意売却そのものではなく、任意売却までの継続的な住宅ローン滞納によるものです。
クレジットカードが使えない、連帯保証人に迷惑がかかるなどの注意点を鑑みながら、任意売却を進めるかよく考えてください。
戸田市の倉庫・工場・一括駐車場は賃貸物件を豊富に扱うオルテ地所開発株式会社へ。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!

オルテ地所開発株式会社へのお問い合わせはこちら


オルテ地所開発株式会社の写真

オルテ地所開発株式会社 スタッフブログ編集部

戸田市の不動産のことなら、オルテ地所開発株式会社にお任せ下さい。弊社では居住用賃貸をはじめ、倉庫・工場などの事業用物件や一括駐車場なども取り扱っております。様々な情報をお伝えするためブログでは不動産に関連した記事をご提供します。


”売買”おすすめ記事

  • 不動産を購入するのにおすすめの時期とは?統計やライフイベントから解説!の画像

    不動産を購入するのにおすすめの時期とは?統計やライフイベントから解説!

    売買

  • 売る前提のマンションの選び方とは?住むときの注意点と売り方も解説の画像

    売る前提のマンションの選び方とは?住むときの注意点と売り方も解説

    売買

  • 役所での手続きが簡略に!の画像

    役所での手続きが簡略に!

    売買

  • 中古住宅購入後に欠陥を発見!責任の所在は誰にあるのか対策と共に解説の画像

    中古住宅購入後に欠陥を発見!責任の所在は誰にあるのか対策と共に解説

    売買

  • 金額だけでは損をする!? 解体業者選別の考え方の画像

    金額だけでは損をする!? 解体業者選別の考え方

    売買

  • 任意売却物件を購入するメリット・デメリットとは?探し方もご紹介!の画像

    任意売却物件を購入するメリット・デメリットとは?探し方もご紹介!

    売買

もっと見る