不動産の売却はどちらがいい? 「仲介」or「買取り」の画像

不動産の売却はどちらがいい? 「仲介」or「買取り」

売買

森 健

筆者 森 健

不動産キャリア6年

不動産の購入や売却を検討する際、専門的なこと、難しいことが多々あります。そんな時に頼りになれるようサポート致します。


不動産の売却を不動産業者に依頼すると、手法として2つが考えられます。「仲介」と「買取り」になります。それぞれメリット・デメリットがあるため、その内容をご紹介します。


1.仲介(媒介)


売却を依頼した不動産業者が関連する諸手続きや販売活動、契約業務などを行ってくれます。その不動産業者が買主を探し、売主と買主を繋ぐ立場=仲介として業務を行います。


<メリット>
最終的な手残り金額が一番多く残せる可能性がある
・難しく面倒な手続きは全て不動産業者が行う

<デメリット>
・不動産の売却が完了する日=現金化する日が未確定
・測量や建物の解体など、売却前に実費がかかる可能性がある
・取引完了後に予期せぬ不備・不具合があった場合、一定期間責任を負わなければならない
・世の中にその不動産の売却情報が出回ってしまい、他人に知られてしまう
・仲介手数料がかかる

仲介に向いているのは、
【売却を急いでいない、少しでも高値で売却したい】
というご希望のある方になります。


2.不動産業者の買取り


不動産業者が依頼者から直接不動産を購入します。この場合は上記①の仲介という存在がなく、「依頼者=売主」と「不動産業者=買主」という当事者のみの関係性になります。

<メリット>
・短期間で売却が完了し、早期の現金化が可能
・資金計画が立てやすい
・難しく面倒な手続きは全て不動産業者が行う
・取引後に不備・不具合があっても購入した不動産業者の責任になる
・実費がかからない(現状のままでの売却ができる)
・仲介手数料がかからない

<デメリット>
・仲介と比較すると手残り金額が低い

買取りに向いているのは、
【売却を急いでおり、余計な手間を掛けたくない、費用を出したくない】
という希望を持っている方が当てはまります。


まとめ


どちらの手法にもメリット・デメリットがあるため、ご自身の希望する条件に合った手法を選択してください。金額面だけではなく、多角的に判断する必要があります。

オルテ地所開発㈱では、いずれかの手法を無理強いするわけではなく、お客様に合った手法をご提示し、ご納得していただいた上で手法を選択していただいております。不動産の売却でお悩みの方、仲介か買取りか悩まれている方、是非当社までご相談ください。


【お知らせ①】

オルテ地所開発㈱は2022年10月1日より、組織変更を行い、新たに「コンサルティング事業部」を設立致しました。

不動産の売却・購入をはじめ、不動産に関するあらゆるお困りごとを、当社専門家がご対応致します。

不動産に関して何かお困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください。


【お知らせ②】

オルテ地所開発㈱は、2022年12月28日(水)から2023年1月4日(水)まで休業となります。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

”売買”おすすめ記事

  • 土地売買契約はどのような流れで進む?売買契約締結時の必要書類も解説!の画像

    土地売買契約はどのような流れで進む?売買契約締結時の必要書類も解説!

    売買

  • 一戸建てとマンションでかかる維持費とは?種類や安く抑える方法を解説の画像

    一戸建てとマンションでかかる維持費とは?種類や安く抑える方法を解説

    売買

  • 土地の権利書とは?紛失した場合の対処法も解説の画像

    土地の権利書とは?紛失した場合の対処法も解説

    売買

  • 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いや合算のメリットを解説!の画像

    住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いや合算のメリットを解説!

    売買

  • 二世帯住宅の不動産が売却しにくい理由と買取での売却についても解説の画像

    二世帯住宅の不動産が売却しにくい理由と買取での売却についても解説

    売買

  • 外国人でも日本の不動産を売却できる?必要書類や税金について解説の画像

    外国人でも日本の不動産を売却できる?必要書類や税金について解説

    売買

もっと見る