中古住宅(戸建て・マンション等)を高く売却するには?の画像

中古住宅(戸建て・マンション等)を高く売却するには?

売買

村越 康平

筆者 村越 康平

不動産キャリア2年

何事にも誠心誠意をもってご対応致します。
お気軽にお声がけください!



中古住宅(戸建て・マンション等)を売却する際、誰もができる限り高く売りたいと考えますが、現状のままでは高く売ることが難しい場合があることも事実です。ではどのようにしてより高く売却することができるのでしょうか。選択肢として以下の方法をご紹介します。


①リフォーム・リノベーション


築年数・居住年数が経過すると、建物や設備などが経年劣化してきます。老朽化した状態で、不動産を売却しようとしても高くは売れないでしょう。なぜなら購入を検討する方が物件を見学した際の印象の悪さや、購入後にリフォーム代がかかる状態にあるからです。そのような状態では、高くは売れません。そのため、新しい設備への交換や、人気のある間取りに変更するなど、リフォーム・リノベーションを行ってから販売募集することにより、建物の付加価値が上がり、売却金額も高くなる可能性があります。
但し、リフォーム・リノベーションを行ってから販売募集をする場合、デメリット①初期投資が高額になったり、メリット②工事期間がかかるため成約するまでに時間がかかってしまいます。


②住宅診断(ホームインスペクション)


住宅診断(ホームインスペクション)という言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。これは、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が第三者的な立場から、住宅の劣化状況・欠陥の有無・修繕すべき箇所やその時期、おおよその費用を見極め、現在の状態を報告書として頂くものです売却する方にとっても、購入後のトラブルを未然に防ぎ、住宅の信用性を上げることができるため、高値で売却できる可能性がありますまた購入者もその診断をもとに建物の状態をしっかり把握することができるため、必要な修繕をすることができるというメリットがあります。


③建物を解体し、更地で販売


中古戸建ての場合、築年数がかなり経っている、または経年劣化の激しい古家では、上記①で述べた方法よりも、建物を解体し、更地での販売をすることにより、購入者からの価格交渉などの余地がないため、現状よりも高く売却できる可能性があります。また解体と合わせて、地中に以前の建物の基礎部分やゴミなど埋まっていないかを確認する地中埋設物調査などを実施することで安心して売却することができます。


■まとめ


今回は中古住宅(戸建て・マンション等)を高く売却する方法ついて一部ご紹介してきました。
人気エリア・築浅物件などであれば希望価格やそれ以上での売却が見込めるかもしれませんが、そうでない場合、上記でご紹介してきた方法を一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。もし中古住宅(戸建て・マンション等)の売却などでお困りの場合は、豊富な知識と経験のあるオルテ地所開発株式会社までご相談ください。適切なご提案を提供して参ります。


【お知らせ】

オルテ地所開発株式会社は2022年10月1日より、組織変更を行い、新たに「コンサルティング事業部」を設立致しました。

不動産の売却・購入をはじめ、不動産に関するあらゆるお困りごとを、当社専門家がご対応致します。

不動産に関して何かお困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください。

”売買”おすすめ記事

  • 土地売買契約はどのような流れで進む?売買契約締結時の必要書類も解説!の画像

    土地売買契約はどのような流れで進む?売買契約締結時の必要書類も解説!

    売買

  • 一戸建てとマンションでかかる維持費とは?種類や安く抑える方法を解説の画像

    一戸建てとマンションでかかる維持費とは?種類や安く抑える方法を解説

    売買

  • 土地の権利書とは?紛失した場合の対処法も解説の画像

    土地の権利書とは?紛失した場合の対処法も解説

    売買

  • 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いや合算のメリットを解説!の画像

    住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いや合算のメリットを解説!

    売買

  • 二世帯住宅の不動産が売却しにくい理由と買取での売却についても解説の画像

    二世帯住宅の不動産が売却しにくい理由と買取での売却についても解説

    売買

  • 外国人でも日本の不動産を売却できる?必要書類や税金について解説の画像

    外国人でも日本の不動産を売却できる?必要書類や税金について解説

    売買

もっと見る