競売物件は物件購入の選択肢の1つ?概要やメリットとデメリットを解説!の画像

競売物件は物件購入の選択肢の1つ?概要やメリットとデメリットを解説!

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

競売物件は物件購入の選択肢の1つ?概要やメリットとデメリットを解説!

マイホームの購入を検討する際に、物件購入の選択肢の1つとして「競売物件の購入」が挙げられます。
今回はこの競売物件にスポットを当て、競売物件とはどんな物件なのかをまず解説したうえで、競売物件購入におけるメリットとデメリットもそれぞれご紹介します。
物件購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

競売物件とは?不動産市場に流通している一般的な物件と違うの?

競売物件とはさまざまな用途に使われた借入金が返済できなくなり、担保対象となっている不動産を、裁判所を通して強制的に売却される物件を指しています。
ちなみに、競売にかけられる不動産物件の大半は中古の一般住宅です。
ローンが返せず延滞が続くと、やがて債権者は強制売却で残債の回収を図るため、裁判所に競売の申し立てをします。
競売申し立てを受けた裁判所は競売の公告をし、いよいよ不動産が競売にかけられる、という流れになります。

競売物件を購入するメリットは価格の安さ

競売物件は不動産会社など業界関係者だけでなく一般人も購入できます。
競売物件に入札するという「入札方式」で、一番高い入札価格をつけた者が落札者となり、競売物件購入の権利を得るという形です。
そんな競売物件を購入する最大のメリットは、なんといっても価格の安さです。
類似物件の相場と比べて、競売物件はおおむね3割安程度の価格で落札できることが多いです。
「不動産購入費を3割節約できる」と考えると、このメリットは大きいでしょう。
また、「所有権移転登記が不要」「多種多様な物件がある」「流通していない珍しい物件が見つかる」といったメリットもあります。

競売物件を購入するデメリットは退去リスク

競売物件は「物件を相場よりもかなり安く買える」という大きなメリットがありますが、それでも一般人による競売物件の購入はあまりおすすめしません。
なぜなら「元居住者がそのまま競売物件に居座り続ける」という大きなデメリットがあるからです。
登記関連の手続きを裁判所がやってくれても、元居住者を物理的に退去させてくれるわけではありません。
もし居座られた場合、引渡命令の申し立てや強制執行の申し立ては落札者自身がおこなう必要があるのです。
あと「競売物件は内覧などができず、書面上の情報だけで物件を判断するしかない」という点も、一般人にとってはハイリスクで、大きなデメリットといえるでしょう。

まとめ

競売物件は一般人でも購入できますが、価格の安さなどのメリットだけでなく居座りリスクなどのデメリットもあります。
デメリットの部分にしっかり対応できるだけの知識・対応力が求められますので、それに対する自信がない場合は手を出さないほうが良いでしょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る