不動産売却におけるタイミング別の必要書類を解説の画像

不動産売却におけるタイミング別の必要書類を解説

売買

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

不動産売却におけるタイミング別の必要書類を解説

不動産売却には、お金と契約書のやり取りにともなってさまざまな書類や手続きが必要となります。
はじめて不動産を売却するときには、具体的にどのような書類が必要となるのかわからず、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は不動産売却を検討されている方に向けて、不動産売却の必要書類についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前に必要となる書類

不動産を売却しようと検討し始めたら、必要書類は早めに準備しておくことをおすすめします。
直前になってから必要書類を探し始めると、保管場所になかったときなどに手続きが滞ってしまう可能性があるためです。
不動産を売却に出すにあたっては、次のような書類があると安心です。

不動産購入時のパンフレット

不動産のパンフレットには、物件の構造や設備、間取りなどの概要が掲載されています。
これを準備しておくことで仲介を依頼する不動産会社が広告を打ちやすくなるほか、買主が購入のイメージを抱きやすくなります。
パンフレットは購入時に売主から受け取るか、施工会社や管理会社に問い合わせれば有料で発行してくれることもあります。

住宅ローンの償還表

不動産を売却するときには、住宅ローンがいくら残っているかをあきらかにする償還表が必要です。
償還表は定期的に金融機関から送られてくる書類であるため、手元にない場合は金融機関に問い合わせることをおすすめします。

不動産売買契約締結時に必要となる書類

不動産売買の契約締結時には、次のような書類が必要です。

●権利証(登記関係書類)…所持者が登記名義人であることをあきらかにするための書類
●固定資産税納税通知書…毎年5月頃に税務署から送付される
●建築確認済証…建物が建築確認を受けているかどうかを証明する書類で不動産購入時に売主から交付される
●印鑑証明書…売主の住所地を管轄する役所の窓口で取得可能
●住民票…売主の住所地を管轄する役所の窓口で取得可能

不動産売却の決済時に必要となる書類

不動産売買の決済時には、次のような書類が必要です。

●固定資産評価証明書…都道府県税事務所で取得可能
●登記関連の書類…決済時に登記を司法書士に委任する場合、売主による押印済みの委任状や登記原因照明情報などの書類が必要

まとめ

今回は不動産売却を検討されている方に向けて、不動産売却の必要書類についてご紹介しました。
不動産売却をするときには契約前や契約締結時、決済時などタイミングによって必要となる書類が異なるため、事前に準備しておくと安心です。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売買”おすすめ記事

  • 法改正と税改正は頻繁にの画像

    法改正と税改正は頻繁に

    売買

  • 路線価を使用して相場把握が可能!?の画像

    路線価を使用して相場把握が可能!?

    売買

  • 不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?の画像

    不動産投資におけるアパート購入時に気を付けたい私道負担とは?

    売買

  • 不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイントの画像

    不動産の売却をする際、1つだけ押さえたいポイント

    売買

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とはの画像

    不動産トラブルを弁護士に依頼!依頼内容や気になる費用の額とは

    売買

  • 不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介の画像

    不動産購入における重要事項説明のポイントをご紹介

    売買

もっと見る