不動産を購入するのにおすすめの時期とは?統計やライフイベントから解説!

売買

不動産を購入するのにおすすめの時期とは?統計やライフイベントから解説!

不動産購入は、人生のなかでも大きな決断となるため、タイミングに迷っている方が多いはずです。
購入を決断する前には、どのようなポイントに注目したら良いでしょうか。
そこで今回は、不動産を購入するのにおすすめな時期はいつか、統計情報とライフイベントの観点から解説します。

オルテ地所開発株式会社へのお問い合わせはこちら


統計情報から見る不動産の購入におすすめの時期

不動産購入のタイミングで迷ったときは、統計情報を参考にするのがおすすめです。
統計情報として参考にするのは、年齢・年収・子どもの年齢・貯金額の4つが挙げられます。
まず、年齢から見て住宅購入に適した時期は、30代後半?40代前半です。
住宅ローンを借りられる期間は最長35年となっているため、45歳までにローンを組まないと、80歳での完済ができなくなります。
しかし、80歳での完済は収入面で不安が残るので、45歳より早い年齢で家を購入するほうが賢明でしょう。
年収から見た場合の適正時期は、700万円前後です。
無理なく住宅ローンを返済していくためには、現在の年収を正しく把握しておく必要があります。
子どもの年齢から見た住宅購入の時期は、子どもを妊娠中あるいは子どもが乳幼児のケースが一般的です。
貯金額1,500万円前後も目安となっているため、自身の状況を考えながら最適なタイミングを選択しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入の際に検討する人も多いスロップシンクとは?メリット・デメリットも!

ライフイベントから見る不動産の購入におすすめの時期

住宅購入を考える代表的なライフイベントは、単身を楽しみたいとき・結婚をしたとき・子どもが産まれたときです。
単身のときに家を購入すると、比較的若いうちにローンの返済が終了します。
将来的に不動産を資産にできるため、さまざまな運用が可能です。
また、結婚後に共働きで住宅ローンを借りる場合には、収入合算ができます。
借入可能額が大幅に増え、物件の選択肢も幅が広がるでしょう。
さらに、子どもが産まれたときに家を購入すれば、子育て支援で住宅を選べます。

▼この記事も読まれています
不動産投資における利回りには2種類ある!平均相場や計算方法も合わせて解説

不動産の購入を決断する前に考えるポイント

住宅を購入する前に考えるポイントは、家の種類・家の間取りや周辺環境・住宅ローンの返済期間・住宅購入費用です。
選択する条件によってかかる費用が異なるので、予算を設定しておく必要もあります。
また、利用できる支援制度を把握しておくと、少ないコストで住宅購入ができるでしょう。
購入者それぞれにタイミングがあるため、無理のない計画を立てることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産の購入時には注意したい!意外にかかる諸費用と税金

まとめ

不動産購入の時期は、年齢・年収・子どもの年齢・貯金額の統計情報から判断します。
そのほか、結婚や出産などのライフイベントによって、住宅購入を検討する方も少なくありません。
住宅を購入する前には、家の種類や家の間取り・周辺環境・住宅ローンの返済期間・住宅購入費用などを考えておくことをおすすめします。
戸田市の倉庫・工場・一括駐車場は賃貸物件を豊富に扱うオルテ地所開発株式会社へ。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!

オルテ地所開発株式会社へのお問い合わせはこちら



”売買”おすすめ記事

  • 空き家の取引が活発になる!?の画像

    空き家の取引が活発になる!?

    売買

  • 売る前提のマンションの選び方とは?住むときの注意点と売り方も解説の画像

    売る前提のマンションの選び方とは?住むときの注意点と売り方も解説

    売買

  • 役所での手続きが簡略に!の画像

    役所での手続きが簡略に!

    売買

  • 中古住宅購入後に欠陥を発見!責任の所在は誰にあるのか対策と共に解説の画像

    中古住宅購入後に欠陥を発見!責任の所在は誰にあるのか対策と共に解説

    売買

  • 金額だけでは損をする!? 解体業者選別の考え方の画像

    金額だけでは損をする!? 解体業者選別の考え方

    売買

  • 任意売却物件を購入するメリット・デメリットとは?探し方もご紹介!の画像

    任意売却物件を購入するメリット・デメリットとは?探し方もご紹介!

    売買

もっと見る