賃貸物件に住む際に加入する火災保険とはなにか解説します!の画像

賃貸物件に住む際に加入する火災保険とはなにか解説します!

保険

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

賃貸物件に住む際に加入する火災保険とはなにか解説します!

賃貸物件に居住するにあたって、管理者や不動産会社とのやりとりのなかで火災保険について耳にする場面は少なくありません。
しかしながら、火災保険についてはその必要性や加入方法などに疑問をもっている方も多いでしょう。
そこでこの記事では、賃貸物件へ居住する際の火災保険とはなにか解説します。
賃貸物件をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における火災保険の必要性とは

火災保険とは損害保険のひとつで、建物やその備品の火災や風水害によって生じた損害を補填する保険です。
火災保険という名称からは、火災のみ補償されるような印象をもつ方も多いですが、基本的には風水害などに対する補償も含んでおり「災害保険」であると言えるでしょう。
代表的な商品としては、火災・落雷・爆発・風災・雹災・雪災による損害に限定される火災保険(家財保険)があります。
他にも、火災などの事故で部屋に損害を与え、大家さんに対し法律上の賠償責任を負った場合の補償や、日常生活において他人に損害を与えたり、ケガをさせたりした場合の補償があります。
保険に加入せずに大きな事故や災害が発生した場合、自身の財産や修繕費用、隣家への補償などは自らおこなわなければなりません。
そのリスクを考慮すれば、火災保険に加入する必要性は高いと言えます。

賃貸物件へ入居する際に自分で火災保険に加入する方法とは

賃貸物件への居住にあたって、不動産会社から保険会社を紹介されるケースが一般的です。
不動産会社から紹介された会社の火災保険に加入しなければならないと考えている方も多いですが、自分で保険会社を選び、加入する保険を選んでも問題ありません。
賃貸契約と火災保険契約は別物なので、加入する火災保険は自由に選べます。
不動産会社からの提案をそのまま受け入れると、余分な保険料を支払ことになる可能性もあります。
不動産会社が提案する保険と別に、自分でもいくつかピックアップしておいて、比較して決めましょう。
補償の内容、金額設定などが自身のニーズに合っているか検討するのが重要です。
自分で加入する場合は、希望する保険会社へ申し込み、必要書類を提出します。
加入が決定したら、その補償内容を不動産会社へ伝えて、火災保険に加入済みである旨を大家さんに伝えてもらいましょう。

まとめ

火災保険は万が一のことを考えると、加入しておくのが安心です。
賃貸契約とは別のものなので、かならずしも不動産会社が連携している保険会社のものに加入する必要はありません。
いくつかの保険を比較して、自分に合ったものを選びましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”保険”おすすめ記事

  • 事業用賃貸物件の火災保険!契約前に確認したい3つの補償の画像

    事業用賃貸物件の火災保険!契約前に確認したい3つの補償

    保険

  • 自動車保険と自動車共済の違いは?の画像

    自動車保険と自動車共済の違いは?

    保険

  • 地震保険は入った方が良いの?の画像

    地震保険は入った方が良いの?

    保険

  • 医療保険も進歩する!そろそろ見直し時期にきてませんか?の画像

    医療保険も進歩する!そろそろ見直し時期にきてませんか?

    保険

  • 相続対策に有効な生命保険のご紹介の画像

    相続対策に有効な生命保険のご紹介

    保険

  • 知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約の画像

    知っておくと役立つ火災保険の個人賠償責任特約

    保険

もっと見る