賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵物件について解説!の画像

賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵物件について解説!

賃貸

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵物件について解説!

賃貸物件にはさまざまな住まいがあり、なかには少し特殊な問題を抱えている住居も見られます。
借りたお部屋に後悔しないよう、一般的に注意されやすい瑕疵物件について、事前に確認しておくと良いでしょう。
今回は、瑕疵物件の概要のほか、物理的瑕疵物件と心理的瑕疵物件についてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の入居前に知っておきたい瑕疵物件とは?

瑕疵物件(かしぶっけん)は何らかの欠陥を抱えている不動産のことであり、訳あり物件ともよく呼ばれます。
事件や事故などで人が亡くなった事故物件(心理的瑕疵物件)が有名ですが、瑕疵物件にはほかにもさまざまな種類があります。
たとえば、法改正の影響で違法建築となった住居も、法的瑕疵物件と呼ばれる瑕疵物件の一種です。
最新の基準では違法となるからといって何らかの対処が求められるわけではないものの、再建築は不可とされる場合があります。
各瑕疵物件によって問題の内容や借主への影響は異なりますが、何らかの欠陥から入居にあたって注意されやすい点は共通です。

賃貸物件の入居前に知っておきたい物理的瑕疵物件とは?

物理的瑕疵物件は、法令に抵触しているといった制度上の問題ではなく、何らかの物理的な欠陥がある建物や土地のことです。
たとえば、雨漏りがしたりシロアリが巣くっていたりする住居などが当てはまります。
土地において瑕疵とされるのは、たとえば地盤沈下や土壌汚染などです。
いずれも物理的な欠陥であり、賃貸物件を訪れた際に問題が一目でわかることもあります。
物理的な瑕疵は不動産の使用にあたっての重要事項であるために告知義務が課されており、賃貸物件を借りる前に問題の詳細が伝えられます。
口頭での通知に留まらず、交付される書類にも記載されるので、よく確認しておきましょう。

賃貸物件の入居前に知っておきたい心理的瑕疵物件とは?

心理的瑕疵物件は、入居者に精神的な苦痛を生じうる問題を抱えた不動産のことです。
いわゆる事故物件が有名ですが、刑務所や反社会勢力の事務所などが近くにあることも心理的瑕疵とされます。
いずれにしても見た目ではわかりにくいことが多く、知らずに内見へ行くと普通の住まいのように見えることもあるでしょう。
しかし告知義務が定められているため、問題点は入居前に把握可能です。
ただ、告知が必要な期間について明確な基準はなく、時間の経過や入居者の入れ替わりにともなって通知が終了されることもあります。
心理的瑕疵物件を避けたいときは、借主側からも積極的に尋ねると良いでしょう。

まとめ

瑕疵物件は何らかの問題を抱えている住まいのことであり、いくつかの種類があります。
物理的瑕疵物件は建物の雨漏りや土地の地盤沈下などのある物件、心理的瑕疵物件は入居者に精神的な苦痛を生じさせかねない物件のことです。
検討中の賃貸物件が瑕疵物件であるか気になる方は、契約前にしっかり確認しておくと良いでしょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る