和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説の画像

和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説

リフォーム

和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説

近年では、家づくりの際にあえて和室を設ける方が増えています。
しかし、中にはあまり使用していない和室を洋室にリフォームしたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、和室と洋室それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、リフォームする際にかかる費用について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォーム前に考えたい和室と洋室それぞれのメリット

リフォーム前に和室と洋室、それぞれのメリットを考えてみましょう。
まず、和室のメリットはなんといっても汎用性の高さです。
いぐさの香りでリラックスできる和室は、布団を敷いて寝室として使用するのはもちろん、来客時の客間としても利用できます。
心地良い香りだけでなく、畳や障子のおかげで湿度を快適に保てる和室は1室あると便利でしょう。
一方、洋室のメリットは、家具などのインテリアを配置しやすいことです。
畳のように凹んでしまう心配も少ないため、重たい家具も洋室であれば気兼ねなく置けるでしょう。

和室と洋室のデメリットを踏まえてリフォームを検討しよう

では、和室と洋室のデメリットは何でしょうか?
和室のデメリットとしてよく挙げられるのは、メンテナンスの大変さです。
畳や障子、ふすまといった和室ならではの素材は、その風合いを維持するためにはこまめなメンテナンスが必要となります。
そのため、小さな子どもやペットがいる家庭には不向きかもしれません。
一方の洋室のデメリットは、フローリングである床が冷えやすく、生活音が下に響きやすいことです。
騒音に敏感な方や冷え性の方にとっては、フローリングの床はストレスになる可能性があります。

和室を洋室にリフォームする際にかかる費用や施工期間

和室をあまり使わないなどの理由で洋室にリフォームする方もいます。
その場合のリフォーム費用や施工期間は、部屋の広さや床、壁、天井などリフォームする個所や設備によっても異なります。
一般的には、6畳から8畳の和室を全面的に洋室にリフォームするケースで50万~80万が費用相場です。
もちろんリフォーム会社によってもコストは異なるため、事前に見積もりを取り、予算とリフォーム内容を工夫しましょう。

まとめ

和室と洋室、それぞれのメリット・デメリットおよび和室を洋室にリフォームする場合の費用について解説しました。
和室、洋室それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえでリフォームを検討する場合は、リフォーム内容を賢く選んでコストを抑える工夫をしてみてください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

オルテ地所開発株式会社への問い合わせはこちら


オルテ地所開発株式会社 スタッフブログ編集部

戸田市の不動産のことなら、オルテ地所開発株式会社にお任せ下さい。弊社では居住用賃貸をはじめ、倉庫・工場などの事業用物件や一括駐車場なども取り扱っております。様々な情報をお伝えするためブログでは不動産に関連した記事をご提供します。


”リフォーム”おすすめ記事

  • アスベストが賃貸経営に与える影響の画像

    アスベストが賃貸経営に与える影響

    リフォーム

  • 中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説の画像

    中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説

    リフォーム

  • 水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介の画像

    水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介

    リフォーム

  • 中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説の画像

    中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説

    リフォーム

  • 一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンスの画像

    一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンス

    リフォーム

  • 中古住宅をオール電化にリフォーム!必要な設備やかかる電気代をご紹介の画像

    中古住宅をオール電化にリフォーム!必要な設備やかかる電気代をご紹介

    リフォーム

もっと見る