エレベーターなしの賃貸物件に住むメリットと注意点について解説!の画像

エレベーターなしの賃貸物件に住むメリットと注意点について解説!

賃貸

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

エレベーターなしの賃貸物件に住むメリットと注意点について解説!

賃貸物件の設備は、建物によってまちまちです。
なかにはエレベーターが付いていない物件もありますが、部屋の間取りや家賃は希望どおりだった場合、入居しようか迷うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、エレベータなしの賃貸物件のメリットと注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

エレベーターなしの賃貸物件を借りるメリットとは?

一般的に、高さ31m以上の高層のマンションやアパートなどは、建築基準法でエレベーターの設置が義務付けられています。
しかし、それより低い建物や古い物件にはエレベーターなしの建物も存在するのです。
エレベーターなしの賃貸物件を借りる最大のメリットは、なんといっても家賃が安い点です。
エレベーターを設置している物件では、メンテナンスなどにお金がかかるため、家賃が高く設定されていることがあります。
しかしエレベーターなしの物件はそういった維持費が必要ないうえ、敬遠されやすい傾向があるため家賃が安く設定されているケースがあるのです。
またエレベーターがないため、必然的に体を動かす習慣が付くというメリットもあります。
普段から体を動かす機会が少ない方にとっては、階段の上り下りが運動不足解消に役立ちます。
あえてダイエットやトレーニングのためにエレベーターのついていない物件を探す方も少なくありません。
さらに、エレベーターの待ち時間を気にする必要がない点もメリットです。
はじめから階段での上り下りにかかる時間を移動時間に含めて想定するため、エレベーターが混んでいたために電車などの時間に遅れてしまうという失敗がありません。

エレベーターなしの賃貸物件を借りる際の注意点とは?

エレベーターなしの物件では、引っ越しの際に追加料金がかかる可能性がある点に注意が必要です。
エレベーターを使わずに、4階や5階以上の中・高層階に重い家具や家電を運び入れる場合、人手や作業時間が必要です。
そのため、階数が上がるごとに高い追加料金を請求されるケースがあります。
また、引っ越し後に大きな家具や家電を購入しても部屋まで運んでもらえなかったり、階段の踊り場を曲がり切れないなどの理由から、搬入できずに返品したりしなければならないケースがあるのです。
このほか、エレベーターが付いていない物件では、階段からの転落の危険が伴います。
疲れているときや雨や雪などの天候によっては、階段が滑りやすくなるケースもあるため、気を付けなければなりません。
また、高齢の方や妊婦さん・小さな子ども・足腰が弱い方は注意が必要です。

まとめ

賃貸物件によってはエレベーターがない物件も存在します。
エレベーターなしの物件では、引っ越しの際に追加料金を請求されるケースがあるほか、大きな荷物を搬入できないなどの注意点があります。
自分のライフスタイルや重視するポイントと照らし合わせて物件選びをしてみてください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る