閑静な住宅地にある賃貸物件に住むメリット・デメリットは?の画像

閑静な住宅地にある賃貸物件に住むメリット・デメリットは?

賃貸

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

閑静な住宅地にある賃貸物件に住むメリット・デメリットは?

閑静な住宅地に住みたいという方は多くいるのではないでしょうか。
その際にメリットだけでなくデメリットも知っておくことは大切です。
そこで、今回は閑静な住宅地にある賃貸物件に住むメリット・デメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

閑静な住宅街の賃貸物件に住むメリットは?

閑静な住宅街の賃貸物件に住むメリットは、以下の3つが挙げられます。

●静かである
●交通量が少なめである
●安全である


まず、閑静な住宅地は文字どおり静かな環境です。
工場などの大きな音を出す施設がないことから、落ち着いた生活を送ることができます。
また、幹線道路からは離れた場所にあることが多く、交通量が少ない点もメリットといえます。
交通量が多い道からも離れているため、子どもが安全に、静かでゆったりとした生活を送れるでしょう。
人通りがあまり多くなく、犯罪が起きやすいのではないかと考える方もいるかもしれませんが、一般的には繁華街の方が犯罪の件数は多い傾向にあります。
こうした意味でも、閑静な住宅地では安全に暮らすことができます。

閑静な住宅地の賃貸物件に住むデメリットは?

閑静な住宅街の賃貸物件に住むデメリットは、以下の3つが挙げられます。

●駅から遠い
●買い物がしづらい
●物音が響きやすい


駅に近いと飲食店などの商業施設が立ち並び閑静な住宅地を形成することは稀であるため、閑静な住宅地は駅から遠い場所にあることが多いです。
また、交通量の多い幹線道路からは離れた場所に形成されていることが多いため、車でのアクセスも良好とはいえません。
そして、商業施設が近くにあまりないということは、買い物をする際に不便に感じてしまうかもしれません。
コンビニも設置されていないケースもあり、そうした場合は不便といわざるを得ないでしょう。
さらに、閑静な住宅地では物音が響きやすいというデメリットもあります。
人と話しながら歩いているだけで、大きな声でなくても聞こえてしまい、落ち着いた空間を保つことができない場合があります。
とくに周りの音に敏感な方は、閑静な住宅地であっても音の影響を受けることを念頭におくことが大切です。

まとめ

閑静な住宅地の賃貸物件に住むメリット・デメリットをご紹介しました。
閑静な住宅地に住むメリットは、静かな環境で安全に暮らせることです。
デメリットとしては、不便だったり静かな環境に響く音が気になってしまう点が挙げられます。
自分の好みに合わせた物件選びをするように心がけましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る