賃貸物件で電波が悪い場合の原因と対処法は何かを解説の画像

賃貸物件で電波が悪い場合の原因と対処法は何かを解説

賃貸

星山 優貴

筆者 星山 優貴

新顔ですが、皆様が幸せになれるように努めて参ります。

賃貸物件で電波が悪い場合の原因と対処法は何かを解説

現在、生活のなかでなくてはならない存在になっている通信環境ですが、常に良好な環境であるとは限りません。
賃貸物件によっては電波の入りがとても悪い物件も存在し、生活に支障をきたしている場合もあります。
今回は、そんな電波状況の悪い賃貸物件に住んでいる場合の原因や対処法について解説していきます。
電波の悪い物件に住んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で電波が悪い原因は何か

まずはじめに、根本的になぜ電波状況が悪いのか、その原因について考えてみましょう。

建物の構造自体が影響している可能性がある

建物にはさまざまな素材が使われています。
鉄筋コンクリートなどの電波を通しにくい素材が使われていれば、遮蔽率が高く電波の入りが悪くなる可能性があります。
どうやっても改善しない場合は、このパターンが多いので貸主などに確認してみてください。

通信キャリアや端末で不具合が出ている場合

そもそも自分の持っている端末が不具合を起こしている可能性があります。
機内モードに設定していたり、モバイルデータ通信をオフにしていたりすることがありますので、設定を再度確認してみてください。
通信キャリアが不具合を起こしている可能性もあるので、長期間改善しない場合は一度問い合わせてみたほうが良いでしょう。

賃貸物件で電波が悪い場合の対処法はどうすれば良いか

次に、電波の入りが悪い場合どのように対処していけば良いか対処法を挙げておきます。

窓を開けてみる

窓を開けて、少しでも外に繋がれる空間を広げてみるのも一つの手段です。
ただ、開けっ放しだと冷暖房効率が悪くなってくるので、長期間この対応をするのはお勧めできません。

キャリアが提供しているフェムトセルを利用する

通信キャリアが電波改善のためにフェムトセルの貸し出しをおこなっています。
どうしても改善が見込めない場合は、無料で貸し出ししてくれるので導入してみてください。
ただ、この設置にはBB回線が開通していない場合開通工事が必要となります。
電気代も月に200円程度かかってきますので、工事が面倒な方や出費が気になる方にはあまり向いていません。

端末の設定を確認する

データローミングや機内モードがオンになっていたり端末自体のアップデートがまだだったりするので、再度確認してみてください。

まとめ

通信環境が悪いと、日々の生活にストレスがかかります。
オンラインで仕事のやり取りをしている方にとっては死活問題です。
対処法の一例を挙げましたが、すべてが有効というわけではないので、自分が住んでいる部屋の環境や経済状況などを考えたうえで対応してみてください。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る