賃貸の間取り図に書かれている一般的な記号や珍しい記号の意味を解説の画像

賃貸の間取り図に書かれている一般的な記号や珍しい記号の意味を解説

賃貸

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

賃貸の間取り図に書かれている一般的な記号や珍しい記号の意味を解説

賃貸を探す際にはまず間取り図を確認しますが、「書かれている記号の意味がわからない」ということも多いのではないでしょうか。
何を示す記号なのかがわからないとどんな部屋なのか想像できないため、事前に調べておくのがおすすめです。
今回は、賃貸の間取り図に記載されている記号の意味をくわしくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸の間取り図をチェック!一般的な記号の意味とは?

間取り図を見ているとよく出てくる一般的な記号ではあるけれど、「実は何のことなのかわからない」というものもあるはずです。
たとえば、「K」や「DK」「LDK」など、部屋の間取りを示す記号があります。
「K」はキッチン、「DK」はダイニングキッチン、「LDK」はリビングダイニングキッチンのことで、これを見ればキッチンが独立しているのか、リビングと食事スペースが一体になっているのかなどわかるはずです。
部屋の広さについては「㎡」や「帖」、「畳」という記号で表されますが、「帖」と「畳」は洋室か和室かの違いで表し方が変わってくるだけで、同じ意味になります。
そのほかにも、収納スペースはクローゼットを意味する「CL」と、ウォークインクローゼットを意味する「WIC」というように区別されており、人が入れる広さなのかそうでないのかを確認できます。
また、「UB」はユニットバス、「SB」はシューズボックス、「MB」はメーターボックスの略なのでチェックしておくとよいでしょう。

賃貸の間取り図をチェック!珍しい記号の意味とは?

間取り図であまり見かけることがない珍しい記号についても、意味を確認しておきましょう。
キッチン回りに書かれていることが多いのは、ガスキッチンを意味する「GK」や、ストレージと呼ばれる収納スペースを意味する「Sto」などの記号です。
冷蔵庫の設置スペースに「R/冷」という記号が書かれている間取り図もあります。
また、「RBL」はルーフバルコニー、「EV」はエレベーターというように、室内以外の記号についても確認しておくと安心です。
そのほかにも、間取りを表す記号で「SLDK」というものがあります。
「LDK」の前にある「S」はサービスルームのことで、建築基準法によって「居室」としての表記ができない場合にこのような表し方になるのです。
基本的には「納戸」という扱いになりますが、普通に居室として使用することもできる自由なスペースと考えてよいでしょう。

まとめ

間取り図に使われている記号のうち、一般的なものと珍しいものをそれぞれあげてご紹介しました。
一般的な記号でも「今さら聞くのが恥ずかしい」という理由でわからないままになっていることもあるでしょう。
意味がわからない記号があると間取り図を正しく読み取れないため、事前に確認しておくことをおすすめします。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る