「即入居可」とは?賃貸物件に今すぐ入居したいときの確認事項を解説!の画像

「即入居可」とは?賃貸物件に今すぐ入居したいときの確認事項を解説!

賃貸

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

「即入居可」とは?賃貸物件に今すぐ入居したいときの確認事項を解説!

事情があって、1日でも早く入居できる賃貸物件を探している方もいるのではないでしょうか。
その場合は「即入居可」と記載されている物件を選ぶことになりますが、実際どのくらいで入居できるのか確認したいはずです。
今回は、即入居とは最短どのくらいで入居できる場合のことをいうのか、即入居するためのコツにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の「即入居可」とは最短でどのくらい?

即入居可の賃貸物件を探している方は、できるだけ早く入居したい事情があることが予想されます。
しかし、実際のところは物件の契約をした日にすぐ入居できるようになるわけではありません。
ではなぜ「即入居可」という表記があるのかというと、物件の修繕やクリーニングは完了している状態で、準備が整っているからです。
部屋は入居できる状態になっていても、入居申し込みをしてから鍵を引き渡されるまでは最短でも7日はかかると考えたほうが良いでしょう。
まず、入居審査の結果が出るまで2~3日、重要事項の説明を受けて契約するのに1~2日、その後書類に不備がないかなどを確認して鍵の引き渡しがされるまでさらに1~2日かかります。
もちろんすべての工程がスムーズに進めばもっと短い期間で入居可能になる場合もあるため、早めに準備を整えておくのがおすすめです。

賃貸物件に即入居するためのポイントとは?

入居までにかかる時間をできるだけ短くするためには、準備不足にならないように気をつけることもポイントです。
まずは物件探しに時間がかからないよう、重要視したい条件をまとめておくようにしましょう。
特に、住みたいエリアや家賃の上限を明確にしておくと効率よく物件探しができます。
あまりにも細かい条件を挙げてしまうと逆に物件が見つかりにくくなるため、「これだけは譲れない」という条件を2~3つほど決めておくのがおすすめです。
また、入居審査や契約にはさまざまな書類が必要になるため、早めに用意しておいてください。
住民票や印鑑登録証明書などは役所で取得するものなので、時間が空いたときにおこなっておいたほうが良いでしょう。
さらに、即入居したい理由を伝えて事前に交渉をしておけば、早めに契約書類を作成してくれたり鍵の引き渡しを早めてくれたりすることもあります。
入居審査をスムーズに進めるためにも、大家さんや管理会社に納得してもらいやすい内容の理由をまとめておいてください。

まとめ

「即入居可」の表記がある物件とは、その日のうちに入居できるものではありません。
実際に入居できるようになるまでの手続きには数日かかるため、できるだけ短期間で済ませられるように事前に準備をしておくことがポイントです。
交渉しだいでは手続きを早めてもらえる可能性もあるため、相談してみるのも良いでしょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る