賃貸物件にあると便利な設備「ディスポーザー」とは?メリットも解説の画像

賃貸物件にあると便利な設備「ディスポーザー」とは?メリットも解説

賃貸

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

賃貸物件にあると便利な設備「ディスポーザー」とは?メリットも解説

普段から料理の下ごしらえから後片付けまでをおこなっている方にとって、生ゴミの処理についての悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
最近では、生ゴミ処理に特化した暮らしの設備「ディスポーザー」付きの賃貸物件も増えています。
そこで今回は、ディスポーザーの特徴とメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件にある設備のひとつ「ディスポーザー」とはどんなもの?

ディスポーザーとは、生ゴミを粉砕処理してくれるキッチン設備のことです。
見た目は一般的な受け皿が付いている排水口部分と大きく変わりませんが、内部には生ゴミ処理のための粉砕機能が付いています。
スイッチを入れると中にあるハンマーが高速で回転し、強力な遠心力を生み出します。
その遠心力によって生ゴミを叩きつけながら細かい形状に粉砕し、水と一緒に排水管へ流す仕組みです。
排水管に流れた細かい生ゴミは建物の敷地内にある設備に集められ、微生物の力を使いながらさらに細かく分解していきます。
そのため、生ゴミを取り出して燃えるゴミの日に出す手間が省けたり、キッチンを清潔に保ちやすかったりする点で人気があります。
ただし、ディスポーザーを使用する際の電気代などは入居者負担です。
また、ディスポーザーがあることによって、家賃や管理費などが高く設定されている可能性がある点にも注意しましょう。

賃貸物件のキッチン設備にディスポーザーがあると便利?メリットを解説

ディスポーザー付き賃貸物件のメリットの1つ目は、生ゴミ処理の手間が省ける点です。
ディスポーザーがない家庭の場合、料理の後片付けで生ゴミを取り出してゴミ箱に捨てる作業が必要です。
一方、ディスポーザーがあれば受け皿に生ゴミを集めてスイッチを入れるだけで粉砕して流してくれます。
特に夏場は生ゴミをそのまま捨てることによって悪臭も発生します。
ディスポーザーがあれば、悪臭対策でわざわざ冷凍庫に保管しておく必要もありません。
2つ目のメリットは、環境に優しい点です。
生ゴミを排水管に流すことが、地球環境に悪影響を与えるのではないかと疑問を感じる方もいるでしょう。
しかし、生ゴミを一般ゴミで出す場合は焼却処分が必要です。
焼却処分の量が多いとCO2やダイオキシンの影響も拡大してしまいます。
一方ディスポーザーで処分する場合は、焼却するゴミの量を物理的に減らせるため、結果的に地球環境の保護につながります。
そのため、普段の生活で環境保全をおこないたいと考えている方にもおすすめです。

まとめ

ディスポーザーは生ゴミを捨てる手間を減らせるだけではなく、衛生面や環境面でのメリットもあります。
ただし、電気代がかかったり家賃が高く設定されていたりする注意点もあります。
引っ越しを検討している方は、ディスポーザーのメリットとデメリットを把握して理想の賃貸物件を見つけましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る