賃貸物件のフローリングに傷が!防止策や補修費用について紹介の画像

賃貸物件のフローリングに傷が!防止策や補修費用について紹介

賃貸

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

賃貸物件のフローリングに傷が!防止策や補修費用について紹介

賃貸物件に住むうえで一番気を付けなくてはいけないのが傷ですよね。
引っ越すときに床に大きな傷が付いていると、修繕するための費用という想定外のお金を請求されてしまいます。
そこで、フローリングを傷つけないための防止策や、万が一傷をつけてしまったときの補修費用についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のフローリングに傷をつけないための防止策は?

フローリングは、普通に生活していても物を落としたり家具を引きずったりすれば、傷や凹みが簡単に付いてしまいます。
そこで、早めに防止策をとっておきましょう。
もっとも有効なのが、既存床材の上からクッション性や耐久性が高いフロア材を上置きすることです。
ホームセンターやオンラインで接着剤が不要でカッターなどで簡単にカットできる床材がたくさん売られていて、既存床の上に敷き詰めれば、日常生活の中でフローリングに傷は付きません。
ただし、床全面にフロア材を敷くと時間と費用がかかります。
手間とコストを最小限に抑えたい方は、よく滞在する場所にラグを敷いて、テーブルや椅子などの移動家具の脚に専用クッション材を付けましょう。

賃貸物件のフローリングに傷がついたときの補修費用は?

実は、フローリングの表面に付いた凹みや傷は床材自体を張り替えなくても補修できます。
それは、補修専門業者が一ヶ所ごとにパテ処理や塗装処理を施す方法です。
一般的には一日当たりの基本料金で依頼し、時間内で補修できる範囲で直してもらえます。
業者にもよりますが、基本料金は2万~5万円程度で、小さくて浅いものなどであれば5箇所程度直してもらえる場合もあります。
ただし大きさや深さ、材質によって一ヶ所にかかる作業時間は大きく異なります。
具体的な金額を事前に知りたい方は、事前調査を依頼して見積もりを取ってから発注しましょう。
ちなみに最近はホームセンターや100円均一で補修キットが販売されていますが、賃貸物件の場合はDIYでの補修はおすすめしません。
なぜなら元の状態と見分けが付かないように補修するには、高い技術が必要になるからです。
お金をかけないためにご自分で補修してしまうと、逆に補修箇所が目立ちコストが増える可能性もあります。
万が一傷がついてしまったら、プロに依頼したほうが結果的にはコストを抑えられるので、ぜひ専門業者へ問い合わせてみましょう。

まとめ

フローリングは普通に生活しているだけで知らぬ間に傷が付いてしまいます。
賃貸物件の場合は現状復帰が大前提なので、後から補修代金が請求されるので特に注意してください。
また、未然に防止するために対策をとることも重要です。
万が一傷がついてもDIYで無理に補修しようとせずに、ぜひ専門業者に相談しましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る