賃貸物件の人気設備「独立洗面台」はメリットいっぱい!の画像

賃貸物件の人気設備「独立洗面台」はメリットいっぱい!

賃貸

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

賃貸物件の人気設備「独立洗面台」はメリットいっぱい!

賃貸物件の独立洗面台は特に女性の方に人気の高い設備の一つです。
独立洗面台とはトイレやお風呂とは別に設置されている洗面台のことで、メイクや朝の支度がしやすくなるなどメリットも多いです。
今回は賃貸物件の契約を検討されている方に向けて、独立洗面台のメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

人気設備!賃貸物件の独立洗面台にはどんなメリットがある?

独立洗面台とは言葉のとおり独立している洗面台設備ことで、脱衣所や廊下などに設置されることが多いです。
反対に独立していない洗面台は浴室などに設置されているのが一般的です。
独立していないタイプは3点ユニットバス、2点ユニットバスなどと呼ばれ2点ユニットバスは浴室と洗面台、3点ユニットバスはさらにトイレも一緒になっています。
独立洗面台のメリットとして、身支度の際に足が濡れないことやお風呂の湿気やカビに悩まされないことがあります。
さらにユニットバスとは違い、独立洗面台には収納がたっぷりとついていることが多く、メイク用品やドライヤー、歯ブラシや洗剤のストックなども収納しておくことができます。
電源が付いていることも多いので、ドライヤーやヘアアイロンを使用するときも便利です。
朝のヘアメイクをじっくりしたい方や、朝の時間バタバタしやすい方などには独立洗面台のある賃貸物件がおすすめです。
また夫婦やカップルなどで住む場合は、ユニットバスだとどちらかがお風呂に入っていると洗面台を使用できません。
二人暮らしでも独立洗面台付きの賃貸物件であれば、朝の忙しい時間もスムーズに支度できますね。

メリットいっぱい!賃貸物件の独立洗面台のデメリットとは?

メリットがたくさんある独立洗面台ですが、もちろんデメリットも存在します。
まず1番のデメリットとしては家賃が高くなることが挙げられます。
お部屋探しで家賃は最も重要ですし、立地やほかの設備など優先度が高い事項があれば独立洗面台は妥協せざるを得ないこともあるでしょう。
さらに独立洗面台が設置されることで、居住空間が狭くなることもデメリットとして考えられます。
そのほかデメリットとしては水まわりの設備が増えると掃除の手間が増えることも挙げられます。
洗面台や鏡についた水垢や排水溝の詰まりなどは小まめに掃除する必要がありますね。

まとめ

今回は賃貸物件の契約を検討されている方に向けて、独立洗面台のメリット・デメリットをご紹介しました。
独立洗面台はメリットも多いですが、家賃が高くなることが最大のデメリットです。
メイクをあまりしないなどライフスタイルによっては必要ないかもしれませんので、家賃や他の設備などの条件を比較して検討しましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸”おすすめ記事

  • 空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説の画像

    空室対策にスマートロックを活用しよう!導入のメリットやトラブルを解説

    賃貸

  • アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説の画像

    アルバイトの学生でも賃貸物件の契約は可能?費用を節約する方法も解説

    賃貸

  • 居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説の画像

    居抜き物件とは?居抜き物件での店舗開業のメリット・デメリットを解説

    賃貸

  • マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!の画像

    マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代も解説!

    賃貸

  • 二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!の画像

    二人暮らし向けの間取りを比較!間取りごとの特徴をご紹介!

    賃貸

  • 空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説の画像

    空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットを解説

    賃貸

もっと見る