建て替えとリフォームはどちらを選ぶ?違いを比較してみよう!の画像

建て替えとリフォームはどちらを選ぶ?違いを比較してみよう!

リフォーム

小木 祐太

筆者 小木 祐太

不動産キャリア4年

どんな相談にも誠心誠意をもってご対応いたします。
お気軽にお声かけください!!

建て替えとリフォームはどちらを選ぶ?違いを比較してみよう!

大掛かりなリフォームになりそうな場合は、建て替えとどちらを選んだらよいのか迷ってしまうかもしれません。
いったい2つの違いとは、どんなところなのでしょうか。
今回は中古住宅を購入し、建て替えまたはリフォームを検討している方に向けて、違いを比較しながらどちらを選ぶとよいのかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

建て替えとリフォームの違いとは?費用や工期はどう違う?

どちらに分類されるのかは、今ある家をどのようにするかで決まります。
柱や梁だけでも残すと「リフォーム」で、すべて壊して新しく建てると「建て替え」です。
2つには、費用や工期の面でも違いがあります。

費用面

通常は、建物の一部を直すリフォームのほうが、はじめから造る建て替えよりも費用がかからないでしょう。
ただ、耐震補強したり設備を一新したりするような大掛かりなリフォームの場合は、金額も高くなるのでそれほど変わらなくなるかもしれません。

工期面

工期も一般的には、リフォームのほうが少ないでしょう。
費用面と同様に、内容によっては同じくらいの期間がかかることもあります。

建て替えとリフォームはメリットの違いを比べてどちらを選ぶか決めよう!

それぞれのメリットとは、どのような点でしょうか。
まずリフォームのメリットを挙げてみます。

●内容を予算に合わせられる
●必要な場所だけできる
●住みながら進められる
●思い入れがある家を残すことができる


このように、予算に合わせた内容で必要な部分だけを変え、住みやすくできる点がメリットです。
では建て替えのメリットとは何でしょうか。

●耐震や断熱などの補強がしやすい
●家族構成に合わせた間取りに変更できる
●家の性能を最新のものにできる


古い家の性能を変えたり、現在の家族構成に合わせて間取りを作り直したりする場合は、建て替えのほうが対応範囲は広いです。
では、それぞれにメリットがある建て替えとリフォームは、どちらを選ぶべきなのでしょうか。
まず費用が2,000万円を超えない場合や、家の構造をそのまま残したいときは、リフォームを選ぶとよいでしょう。
費用がそれ以上かかる場合や築年数が古くて構造に不安がある場合、将来的に長く住む可能性があるときなどは、建て替えがおすすめです。
こちらの基準を参考に、ご自分のケースはどちらを選ぶとよいのかを考えてみましょう。

要チェック|ファミリー向け賃貸特集

まとめ

リフォームと建て替えは、違いやメリットにそれぞれ特徴があります。
どちらがよいのかは内容によって変わりますので、ご自分のケースでよりメリットが感じられるほうを選ぶことがおすすめです。
家族も納得できる形をとれるように、予算や改善したい点を整理してしっかりと考えましょう。
私たちオルテ地所開発株式会社は戸田市の不動産情報をご紹介しています。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”リフォーム”おすすめ記事

  • アスベストが賃貸経営に与える影響の画像

    アスベストが賃貸経営に与える影響

    リフォーム

  • 中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説の画像

    中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリットや費用も解説

    リフォーム

  • 和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説の画像

    和室と洋室それぞれのメリット・デメリットとは?リフォーム費用も解説

    リフォーム

  • 水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介の画像

    水回りのリフォームはどのタイミングで行うのがベスト?相場や注意点もご紹介

    リフォーム

  • 中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説の画像

    中古の不動産購入後リノベーションの費用相場やメリットなどを解説

    リフォーム

  • 一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンスの画像

    一戸建てのサイディングとは?リフォームが必要な時期とメンテナンス

    リフォーム

もっと見る